転倒転落対策Q&A

このページに掲載されている回答は、RoomT2としての見解・考え方であり、必ずしも状況の改善をお約束するものではございません。予めご了承ください。

カテゴリから選ぶ

転倒転落対策への
取り組み方(ソフト面)に関するQ&A

取り組み方
転倒転落に対する目標を設定する上でのポイントを教えてください。

目標を立てるときに重要なのは、達成できそうなことを目標にするのではなく、「あるべき姿」を高く掲げることです。できそうなことを目標にしている限り、あるべき姿には到達できません。また、「やること」を「目標」にしがちですが、両者は異なることに注意してください。
目標設定の3ステップを紹介します。
①現在の状態を把握し、ありたい状態を決定します。できる、できないは考えず、理想の状態を目指してください。
②タイムフレームを設けます。現実に合わせて目標を下げるのではなく、段階を追うことで目標に近付くことを考えます。
③「こうありたい」状態を書き出します。曖昧な表現ではなく具体的な数値や日付を設定します。

▶︎問題解決へのアプローチ1「目標の立て方」

転倒転落のインシデント/アクシデント件数は定期的に集計していますが、転倒転落発生率も算出するべきでしょうか?

是非、転倒転落発生率を算出してください。転倒転落発生率は、他施設や他病棟と比較するうえでのベンチマークとして重要であり、現状把握をするためにとても有効だからです。ただし、転倒転落発生率を算出し評価するうえで考慮しておかなければならないことが2点あります。1つ目は、身体拘束をしている割合がどうであるのかという点(身体抑制率)、2つ目は転倒転落としてのインシデント報告が軽度の事例も含めて全例報告されているのかという点です。これらによって転倒転落発生率も変動し、適切な現状把握とは成り得なくなってしまいます。転倒転落防止へつながる有効な改善策を考えていく上で適切な現状把握は非常に重要になるので、注意が必要です。

▶︎評価サポート

転倒転落に対する具体策が乏しい状況なのですが、どのように進めたら良いでしょうか?

転倒転落問題に対して、具体策(取り組む手段)は色々あります。例えば、①転倒転落リスクの高い患者さんを把握していくための手段の検討、②転倒転落防止対策として使用する物的手段の検討(これには製品そのものと、製品の使い方の2つがあります)、③チームや病院組織としての手段の検討、④患者さんへの指導や家族の協力を得るための手段の検討などです。まずはこれらの事項について、スタッフ同士で議論することが必要でしょう。以下に紹介するページでは、「問題解決へのアプローチ」として、その手法(ツール)をご紹介していますので、そちらも参考にしてみて下さい。 

▶︎問題解決へのアプローチ

他院での取り組み成功事例を教えていただけませんか?特に、離床CATCHを使用しての取り組みを知りたいです。

離床CATCH付ベッドの導入(取り組み)事例として新東京病院の例を、スマートベッドシステムの導入(取り組み)事例として佐久総合病院の例を、「事例」のページで紹介させていただいております。そちらをご参照下さい。今後も、様々な病院での取り組み成功事例を取り上げていく予定です。

▶︎事例

他院での取り組みにおいて、うまくいかなかった事例を教えていただけませんか?

例えば、「事例」のページで紹介している新東京病院の例では、新築移転と合わせてハード面での対策強化を実施しましたが、結果、センサーの無駄鳴り(ナースコールの発報が増えた)や、看護師のアセスメント能力差によるバラツキなど、新たな問題が生じてしまいました。他院での取り組みとしてうまくいかなかった事例を教訓に、自院の取り組みに活かしたい意図でのご質問かと推察しますが、新たな取り組みを実施していく上では、必ずしも期待通りの結果がすぐには出てこないのが実際です。特に転倒転落対策においては、結果がすぐには見えにくいという側面もあります。取り組みがうまくいかなかったからといってそのままあきらめずに、継続的に取り組むことを意識してみて下さい。

▶︎事例—新東京病院
▶︎転倒転落対策の考え方

転倒転落対策のプロセスについて教えていただけませんか?

RoomT2では、転倒転落対策について以下のプロセスを提案しています。

①自分たちの現状を評価する【どこでどのように転倒転落が起きているのか等、情報を整理する】、②安全対策備品を導入する【転倒転落を防止する安全対策備品について、数量の把握や備品導入の適正化に関する検討を行う】、③安全対策備品を活用する【安全対策備品を病院や患者さんの状況に合わせて上手に活用する】、④仕組みづくりをする【転倒転落を未然に防ぐために、スタッフ同士の意見交換、患者教育、安全対策備品を使っていくためのルールづくりなどを行う】。

以下に紹介するページでは、上記プロセスに応じた様々なサポート資料も提供していますので、是非ご活用下さい。

▶︎必要な対策をセルフチェック

 

多職種連携
多職種で連携を行っている具体的事例があれば教えてください。

看護師が離床センサー(離床CATCH)の設定を開始/変更する際には、必ずリハビリスタッフに相談するルールになっている病院があります。患者さんのADLを専門的見地からしっかり把握しているリハビリスタッフが、患者さんに最も適切な設定を検討し、共有してくれるという運用をとっています。
また、医師の安静度指示は患部に対するものと認識し、リハビリスタッフが患者さんの現状に合わせた安静度(ADLアップと転倒リスクの両面から検討)を細かく設定し、病棟看護師に共有(指示)している病院もあります。

多職種連携を今以上に進めていくための連携方法についてアドバイスをいただけませんか?

多職種のもとでの転倒転落防止チームをつくってみてはいかがでしょうか。そして、そのチームリーダーを、看護師以外のスタッフに担ってもらうことです。チームで転倒転落した患者さんを訪問し、担当看護師とともに、なぜ転倒転落が起きたのかを議論し、意見を交わすなど、共通の目標をもって行動していくことで、看護師がいつもリードしてしまうのでなく、多職種への関心を呼び起こすことができるのではないでしょうか。多職種が連携していくためには、患者さんの安全(ここでは転倒転落予防)という共通する目標に対して、それぞれの専門職が自分にできることとして何を実施していくのかを具体的に決めて行動していくことではないかと思います。

離床CATCHは看護師のみが研修を受けて使用しているため、リハビリスタッフなど、患者さんに関わる多職種への周知が必要だと考えています。どのように進めたら良いでしょうか?

離床CATCHの設定は、リハビリスタッフや看護助手も行うことが少なくありません。したがって、離床CATCHの使い方等の研修会には、リハビリスタッフや看護助手も参加することをお勧めいたします。他院では、看護助手が使い方に関する研修会に参加したことで、離床CATCHを使える人と使えない人の差がなくなり、皆が正しく積極的に使えるようになった、との例もあります。研修参加が難しい場合には、離床CATCH(中継ユニット)の使い方動画も是非ご活用ください。

▶︎離床CATCH(パラマウントベッド(株)ホームページ)

スタッフ教育
スタッフによってリスク感性に差があり、アセスメントや患者対応にバラツキが生じるなど対応が難しいと感じているのですが、どのようにしたらよいでしょうか?

教育と標準化の観点から考えることができます。

■教育
同じ状況を見た時に、そこにリスクがあると感じるスタッフもいれば、経験が少ないスタッフはリスクを感じないということもあると思います。それはスタッフ教育で補っていくことが可能です。転倒転落と相性が非常に良いKYT(危険予知トレーニング)を定期的に取り入れてはいかがでしょうか。まずは自分で考えてみること、その後に複数スタッフの意見を聞くことで、自分になかった視点を取り入れることもできます。患者に起因する要因(疾患、症状、薬、ADL等)、環境の要因(ベッド高さ、センサー設定、コード類の整備、ベッド柵等)、管理的な要因(物品の適切な管理、アセスメントのタイミング等)など様々な要因からの危険予知と対策立案は、継続したトレーニングによって、誰でも力を付けていくことができます。また、皆で話し合って対策や運用方法を決定することで、適切な対処方法を、きちんと実施していこうという意識につながることも期待できます。

■標準化
皆で取り決めたことを形式知化し、標準化するということも考えられます。例えば、センサー選定やアセスメントに際し、ベテランから新人まで同じ判断軸で考えることができるようにフローを作成し(=スタッフの頭の中にある判断軸などを形式知化してそれを標準化)、それを基に運用/議論することでアセスメント力が向上したり、対応のバラツキをなくすことができた、という事例があります。

コロナ禍で集合研修ができないのですが、転倒転落に関する研修用動画などあれば教えていただけないでしょうか?

RoomT2のWebページに「動画で見る転倒転落」という下記の動画コンテンツがございます。是非ご活用ください。

「知識編① 医療安全の基本的考え方と転倒転落防止へのアプローチ」
「知識編② 転倒転落の実態と発生要因である患者要因を焦点に」
「知識編③ 転倒転落防止対策の立案ツール」
「知識編④ 改善活動の取り組み方~転倒転落を解決するリーダーシップ~」

▶︎動画で見る転倒転落

また、パラマウントベッドでは転倒転落対策として安全勉強会のコンテンツをご用意しています。詳細は、営業担当者またはパラマウントベッド営業統括部までご相談ください。

病棟毎にどのように教育/研修を実施したら良いでしょうか?

病棟毎での転倒転落に関する教育/研修を行うにあたっては、その病棟で発生した転倒転落事例を一つ取り上げて病棟内で検討してみると良いと思います。その際に重要なのは、転倒転落の発生要因をあらゆる角度から分析することです。注意しなければならないこととして、“誰々さんが○○をしなかったから“というような話題にならないようにすることが大切です。その患者さんをめぐる広い意味での環境からの要因について話し合うことです。そして、対策を検討するにあたっては、その病棟のみに通用する手順等はつくらないことです。部分最適をつくってはいけません。病院全体が同様の手順を実施できること、全体最適にすることが重要です。そのために、病棟のリーダーは、老年看護や認知症など様々なテーマで、研修会や伝達講習を定期的に(無理のない程度で)企画されることが良いと思います。

家族と行う取り組み
転倒転落対策を行う上で、患者さんや家族も交えて実践しているという話を聞いたことがあります。患者さんや家族への協力要請や注意喚起の方法などについて、アドバイスをいただけませんか?

患者・家族への説明においては、看護師のキャリアにかかわらず同じ説明を行うために、パンフレット(危険度色別パンフレットなど)を用いることを推奨します。図や、動画(下記リンク先ページ参照)なども取り入れて、どの患者さんにも分かりやすい資料で説明、お渡しできると良いと思います。仮に家族が同席できなかったとしても、後日家族にも必ず内容の共有を行うと良いでしょう。また、転倒転落アセスメントシートを患者・家族と一緒にチェックしていくこともお勧めします。患者さんが自分では気付いていないリスクについて、医療・看護の専門的な立場から説明することで、転倒転落のリスクと対策について理解・協力を得られます。病院にお任せではなく、患者・家族も一緒に対策を考えていく必要があることを理解いただけると良いでしょう。

転倒転落予防DVD外観

▶︎転倒・転落予防DVD「笑顔のために」(パラマウントベッド(株)ホームページ)

転倒転落予防DVDについて、内容を教えていただけませんか?

日常生活と入院生活でどんな違いがあるのか、どういった危険な状況が存在しているのか、患者さんに気を付けていただきたいポイントを、実際に起こった転倒転落事故を用いて解説しています。 入院される患者さんやご家族の方へのオリエンテーションに活用いただけます。

転倒転落予防DVD映像

▶︎転倒・転落予防DVD「笑顔のために」(パラマウントベッド(株)ホームページ)

身体拘束を減らす
離床CATCHを使うことは身体拘束にあたるのでしょうか?

日本看護協会のデータベース(DiNQL)事業では、身体的拘束の定義として、「抑制帯等、患者の身体又は衣服に触れるなんらかの用具を使用して、一時的に当該患者の身体を拘束し、その運動を抑制する行動の制限を指す」とされています。そのため、ベッド内蔵型の離床センサー「離床CATCH」は、患者さんの身体がベッドに触れているという点において、抑制具として捉えるのかどうか、という質問を多くいただきます。
この質問の背景には、認知症ケア加算における算定要件の問題があると思っています。認知症ケア加算は、「身体的拘束をせずにケアを行う」ことが求められており、「身体的拘束を実施した日は、所定点数の100分の60に相当する点数を算定する」となっているからです。
離床CATCHは、ベッドに内蔵した荷重センサーがベッド上の患者の荷重変化をセンシングし、患者さんの起きあがり、端坐位、離床などの患者行動としてナースコールに知らせるものです。センサーはベッドに内蔵されていますので、患者さんに直接触れているわけではありません。これが“抑制具(身体的拘束)”と捉えられるのであれば、それは使用目的(「離床CATCH」を自立を促すために使用しているのではなく、行動制限のために使用している)に改善すべき課題があるのではないかと思います。

身体拘束の考え方について教えていただけませんか?

この患者さんは動いて転倒転落のリスクがあるから、と身体拘束をする前に、まず考えてみることがあります。それは患者さんが「動く」という行動要因についてです。なぜ「動く」のかということです。例えば、認知症の患者さんは自身の身体機能や環境の変化(見知らぬ人や見知らぬ場所等)を自身で認識することができません。だから衝動的に動いてしまうのです。それを危ないといって抑制してしまっては本末転倒です。患者さんがどうしたいのかというニーズや困り事を解決しながら、転倒転落のリスクを減らしていくことが本来であり、身体拘束することが第一ではないはずです。そのためには、患者さんが行動を起こしても転倒転落しないような環境づくりやケアの仕方を工夫し、患者さんの行動を支援することを考えましょう。ベッドの高さを低くする、ベッドの向きや位置を調整する、ずり落ちないように端部が硬いマットレスを使用する、つかまって歩ける手すりを設置する、オーバーベッドテーブルなどのキャスターをロックする、離床センサーを設置する、患者さんの睡眠状態を把握できる睡眠センサーを導入するなど、環境の整備として考えるべきことがたくさんあるのではないでしょうか。「動画で見る転倒転落」『知識編③ 転倒転落防止対策の立案ツール』もご視聴下さい。

▶︎動画で見る転倒転落

身体拘束をしない看護について、具体的な取り組みを教えていただけませんか?

物としての抑制帯が病棟にあれば、知らず知らずのうちに、前にも使っていたから、と使用してしまうのが人の常です。思い切って抑制帯を廃棄し、なくしてしまうことなどを考えてみましょう。そして、離床センサー等の活用について、患者選定や設置基準などに関する取り組みを強化していくことを考えてみて下さい。

離床センサーを導入したものの、なかなか抑制帯の使用をやめることができません。どうしたら良いでしょうか?

離床CATCHを導入したことで身体拘束を減らすことができたという報告は数多くあります。いきなり全ての身体拘束解除は難しいかもしれませんので、解除できそうな患者さんから少しずつ抑制帯を外してセンサーに切り替えてみませんか。患者さんのADLに合わせたセンサーの設定ができるように皆で話し合ったり、標準化するなどして、センサーの成功体験を少しずつ積み重ね、広げていくことで、身体拘束しないことが当たり前の風土が醸成されるのではないでしょうか。

▶︎運用サポート

重傷事故を減らす
転倒転落はどうしても起こり得ることですが、転倒転落による患者さんの傷害を小さくするにはどうしたら良いでしょうか?

転倒転落発生時に身体が受ける衝撃を緩和する被害軽減のための対策用具として、衝撃緩和マットや低床ベッド、サイドサポートがあります。転倒転落のリスクが高い患者さんには、ベッドの高さを低くして、ベッドサイドに衝撃緩和マットを敷いておくことで、万が一の場合にも傷害の程度を軽減することが期待できます。また、サイドレール(ベッド柵)を乗り越えてしまうような患者さんには、サイドレールの代わりにサイドサポートを使用することで、落下衝撃を軽減することができます。

低床ベッドと衝撃緩和マット テストール
▶︎低床ベッド(パラマウントベッド(株)ホームページ)

 

転倒転落アセスメントに関するQ&A

アセスメント評価や対策は入院に関わった看護師に任せていますが、対策が主観的になってしまいます。また、リスク評価で出たスコアに応じて、同じ対策ができるようにしたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

アセスメント評価(アセスメントチェック用紙への記入及び看護計画作成)を入院担当の看護師が行うのは、止むを得ないと思いますが、翌日の昼のカンファレンスではチーム内の看護師間で一度再検討することが必要です。特に、チェックの仕方は個々の看護師の主観によるところが大きいので、それぞれのチェック項目に対対する説明を明記/共有しておくことも必要でしょう(どういう時にチェックを入れるのか)。同じ患者さんを数人の看護師でチェックし、どの点がどのように異なっているのかを確認していくことで、より明確になっていくと思います。さらに、スコアに応じて同じ対策を講じることができるようにするためには、ここにチェックがついた場合にはこれをする、という対策一覧を作り標準化することが必要です。スタッフ同士で議論してみて下さい。

入院当初は落ち着いている患者さんでも、環境の変化等により落ち着かなくなることがあります。また、高齢化が進んでいることもあり、一日の中での体調変化が多い(大きい)患者さんも多いです。そのような場合のアセスメントについて、アドバイスをいただけないでしょうか?

転倒転落のアセスメントは日毎に、極端にいえば時々刻々と変化していくものという風に捉えておくことが必要だと思います。いわゆる患者の病状や症状、気分の変化に伴うものであるということです。しかし、だからといって、常にアセスメントをし続けるという事もできませんので、アセスメントシートの結果からおおよその傾向と程度を把握しておくということが必要になります。アセスメントの実施時期としては、入院時、入院後2~3日、その後は変化がなければ1週間毎というのが一般的です。入院してから2~3日後に転倒転落が多いというデータがあるからです(入院環境に少し慣れて、患者さんが自分で動き出すため)。変化とは、手術をした後、病状の変化があった時などで、そのようなタイミングでは随時アセスメントをやり直し、共有化を図るということが必要になってきます。アセスメントの実施手順として決めておくことが必要です。

自立している患者さん(転倒転落のリスクが低い患者さん)でも転倒転落の可能性がありますが、アセスメントをする際にどのようのことに気を付ければ良いでしょうか?

看護の視点からだけでなく、リハビリの視点からのアセスメントとして、歩行能力やバランス能力なども観察に取り入れると良いと思います。看護職とリハ職がそれぞれのアセスメントをタイムリーに共有して、患者さんに必要なケアを考えることがとても大切です。そのためには情報共有をどのようにするのか、その仕組みづくりが重要になってきます。また、転倒転落するリスクが少しでもある患者さんは「自立」と判断するのではなく、「見守り」等が必要なのではないでしょうか。自宅では自立であっても、病院という環境、治療による症状、副作用の出現などにより、自立とすべきではない患者さんもいらっしゃると思います。患者さんは絶えず変化するということを認識したうえで、アセスメントしていくことが求められます。

転倒転落を防ぐ方法は重要ですが、予測をどのように行えば良いか教えていただけませんか?

転倒転落の予測は、まず転倒転落に関する患者さんのアセスメントを実施するということです。これにより患者さん自身の転倒転落リスクが分かります。また、もう一つ重要な観点として、物理的環境がどのようになっているかを考えるということです。それは例えば、ベッドの高さ設定はどうなっているか、トイレまでの距離はどの程度あるか、などです。アセスメントの結果と物理的環境の状況、これら双方を掛け合わせることで、最終的に予測を図っていくということになります。さらに、看護師の予測性を高めていく教育手段として、KYTを推奨しています。

どのような患者さんが転倒転落を起こしやすいのでしょうか?例えば「待てない性格」「遠慮がち」など、アセスメントで考慮すべき事項があれば教えていただけませんか?

どのような患者さんが転倒転落を起こしやすいかということですが、言い換えれば、私たちが転倒転落リスクがある患者をどう見極めるかということになるかと思います。見極め方としては、患者さんが転倒転落する原因を把握しておくことです。それは第一に、疾患名や合併症、症状、歩行機能、ADLといった身体状況です。体格や体重、視力・聴力、夜間のトイレ回数等もあるでしょう。第二に精神状態(意識状態)があります。認知症の程度や、理解力等、不眠もあるかもしれません。第三として、ご質問にもある性格です。「待てない性格」「遠慮がち」などですが、性格はすぐには分かりません。コミュニケーションをとりながら、徐々に分かってくることです。アセスメントシート項目に「性格」が記載されているのは、転倒転落を起こした患者さんのデータから転倒転落の一要因として抽出されたことによるものですが、入院当初においては、ご本人やご家族から聞き取りをするということになるかと思います。さらに第四として.患者さんの生活習慣です。特に転倒転落既往のある患者さんでは、どのようなときに転倒したのか(物を拾おうとして、立とうとして、つまずいて、夜間のトイレへの移動時になど)詳細を聞いておくと参考になると思います。

入院してすぐなど、患者さんの状況がまだ十分つかめない時や、患者さんが認知症や病識が薄い事から起こる転倒転落を減らすにはどうしたら良いでしょうか?

入院直後や、患者さんの状況が十分につかめない時、また夜間の緊急入院においては、患者さんは転倒転落するものと認識して対応することが必要だと思います。予定入院では、それなりの情報を得ておくことができますが、それ以外の場合では、一時的に転倒転落を想定して対応をしておくべきだと思います。そのような時は、転倒転落しないような環境整備についての配慮が必要だと思います。例えば、ベッドは低床にしておく、オーバーベッドテーブルなど動くモノは置かない、あるいは、ロックをしておく、離床センサーを使用するなどです。病院という物理的、空間的環境に慣れていないことへの対応が必要ではないでしょうか。

転倒転落対策への
取り組み方(ハード面)に関するQ&A

転倒転落対策製品
離床センサー使用時に他の施設では同意を得て使用しているのでしょうか?それは抑制・行動制限ととらえているのでしょうか?

離床センサーの同意書をとっているところもあればとっていない施設もありますし、抑制・行動制限ととらえるかどうかは、その施設ごと、安全管理者ごとに考えが異なっているようです。正確な数値はわかりませんが、同意書を取っている施設の方が少数のようです。
離床センサーは、使い方次第で行動制限にもなり得ると考えられるでしょう。離床センサーが鳴って訪室し「危ないから動かないで!」と行動を制止すれば(スピーチロック)行動制限になるでしょう。しかし、患者さんをトイレに介助したり、気分転換で歩行介助したりといった患者ニーズを満たすため、つまり質の高い看護提供に活かすための離床センサーとして使用するのであれば、抑制・行動制限にはならないと考えています。使い方次第と言えるのではないでしょうか。ただ、倫理的に考えると、患者・家族への説明は必要なのかもしれません。患者さんの安全のため、抑制しないため、患者さんのニーズを把握するために行うことを理解していただければ家族としても安心ですし、しっかり対策をとっていることが伝わるのではないでしょうか。
離床センサーが抑制・行動制限ととらえらえるかどうかについて、定義の統一は別として、せめて現場の方には患者ニーズを満たすためのツールとして使っていただくような教育が大切ではないでしょうか。

同意書について他院の事例を紹介します。
■A病院
同意は取っていない。ただし、病床毎に「安全の為、センサーによる通知があった場合に看護師が訪室することがある」旨の掲示を行っている。
■B病院
同意を取っている。センサーでの見守りは”物理的に”抑制していないため患者本人は気付けない。だからこそ同意を取るべき、という考え。

離床センサーを解除することがなかなかできません。安心のために、ついついセンサーをつけっぱなしにしてしまいがちです。

離床センサーを解除した直後に患者さんが転倒してしまうこともあるので、解除することに不安があり、なかなか解除に踏み切れないスタッフもいるでしょう。そこには、”個人が”判断するアセスメントの不安もあると思います。RoomT2では離床センサーの選択フロー等の運用を推奨していますが、フローの中に解除の判断基準を入れてはいかがでしょうか。ベテランも新人スタッフも同じ判断軸を持つことができ、解除への不安も少なくなるのではないでしょうか。その基準に従ってセンサー解除した場合に、万一事故が起こったとしたら、原因を深掘りし、今一度フローを見直すなどのシステムアプローチ、つまり組織的な対応によって事故を繰り返さない仕組みを構築することができます。

離床センサーが作動しないことがあります。

離床センサーは転倒転落対策に非常に便利な製品ですが、どのセンサーであっても機器の特性を理解した上で正しく使用することが求められます。ケアや家族面会時にセンサーをOFFにしたまま、センサーをONにし忘れるなどはよくある事象で、運用面での工夫が必要です。また、離床センサーの特性によって検知しないケース(不得意なケース)があるため、検知の仕組みや検知しないケースと対策について、メーカーの説明や取扱説明書で十分に確認し、現場に周知の上で運用することがトラブル回避の上で重要です。

離床センサーが多種多様にあり、うまく使いこなせていない気がします。

離床センサーはマット型、クリップ型、ベッド内蔵型、赤外線・超音波、タッチ型等々、多種多様にあり、ご施設によっては多くの種類を導入していることがあるかと思います。必要な患者さんに適切なセンサーを選択できていれば良いですが、現場の判断に任せていると適切な運用は難しいのではないでしょうか。あるご施設の事例では、どの患者さんにどのセンサー/機能を使用するかというセンサー設定フローを作成したことで、センサー種類や設定に迷うことなく、必要な患者さんに速やかに適切なセンサーを使用することができるようになりました。これによってスタッフの経験や勘によらないセンサー設定が可能となり、適切なタイミングで介助に入ることができるようになりました。他には、複数種類のセンサーの使用をやめてベッド内蔵型に統一したことで、運用の煩雑さをなくしたご施設の事例もあります。

▶︎事例—新東京病院

エアマットレスを使用する際に注意することを教えてください。

褥瘡リスクの高い患者さんに厚みがあるエアマットレスを使用することがありますが、転倒転落の観点からは注意が必要です。フカフカした状態のマットレス上で端座位をとると沈みこんで滑り落ちたり、バランスを崩すことがあります。また、背上げ時の転落リスクも高くなります。対策としては、介助バー(L字柵)を使用する、スタッフ2人で介助にあたる、空気圧を上げてエアマットレスを固くする機能を使用するなどがあります。

▶︎ここちあ利楽flow(パラマウントベッド(株)ホームページ)

衝撃緩和マットについて、どのような製品がありますか?

パラマウントベッドでは、衝撃緩和マットとして「テストール」という製品があります。衝撃吸収性に優れたウレタンフォームの2層構造になっており、歩行によるつまずきの予防や車いすに配慮し、周囲に緩やかな傾斜を設けた形状としています。テストールを使用することで、万一ベッドから転落したときでも衝撃を軽減することができます。

衝撃緩和マット テストール

▶︎低床ベッド(パラマウントベッド(株)ホームページ)
▶︎テストール(パラマウントベッド(株)ホームページ)

離床CATCH/使い方
離床CATCHが鳴らないことがあります。原因は何でしょうか?

離床CATCH Ⅰ/Ⅱであれば、
・検知後の再設定忘れ
・患者さんがベッド上で臥床していない状態で通知ONにした
の可能性が高いです。

離床CATCH Ⅰ/Ⅱ/Ⅲいずれのバージョンにも共通することとしては、
・患者さんの起上り方によっては検知ができない、ずり落ちなど時間をかけた離床では検知ができないなど離床CATCHの特性的な原因
・ケーブル接続部のゆるみなど物理的な原因

が主なものとして挙げられます。詳細についてはパラマウントベッド営業担当者または営業統括部までご相談ください。

ベッド上でずりずりとゆっくり移動される時(ずり落ち)は、離床CATCHで検知できないことがあります。その対策を教えていただけませんか?

どんな離床センサーでもすべてを検知することはできず、例えば離床CATCHでは、ベッドからのずり落ちに対しては検知が難しいことがあります。そのような特性を理解した上で、ずり落ちのリスクのある患者さんに対しては、衝撃緩和マットを敷く、ベッドを低床にする、マットセンサーを敷いて足が床に着いたときに検知できるようにするなど、対策を複合的に行うことで対処できるようになります。

通常のナースコールで呼ばれたのか、離床CATCHで呼ばれたのか、音が同じで判断ができません。何か良い方法はありますか?

ナースコールの機種によって、ナースコールと離床CATCHの鳴り分けが可能な製品もあります。詳しくはナースコールメーカーに一度確認してみて下さい。

離床CATCH/運用・活用
離床CATCHのバージョン違い(離床CATCH Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ)が混在しているのですが、注意点などはありますか?

離床CATCH Ⅰ/Ⅱは一度通知した後の再設定が必要ですが、離床CATCH Ⅲは再設定は不要など、バージョンにより使い方が異なります。バージョンごとに異なる病棟に配置していただくと混乱やトラブルを避けることができるのでベストです。それが難しい場合は、バージョン識別シール(テプラなどで作成も可能)をベッドに貼付けて、容易にバージョンを識別できるようにすること、定期的な操作説明会を通してスタッフ全員の理解を促すことが必要です。バージョン違いの詳細や操作説明については、営業担当者またはパラマウントベッド営業統括部までご相談ください。

離床CATCHの設定フローを作って運用することで、どんなメリットがありますか?

どのような患者さんにどの機能を使うのかといった離床CATCH設定フローを作成することのメリットとして、下記のような事例があります。

①設定の標準化:熟練看護師から新人看護師に至るまで個々による設定のバラツキがなくなった。どのスタッフでも患者さんに合わせた適切な設定を、悩まず行えるようになった。
②ナースコール数減少:適切なタイミングで適切な機能選択ができるので、不必要なナースコール数が減り、
残業時間も減少した。
③ベッドサイドにおける転倒転落の減少:適切な機能選択ができるようになったので適切なタイミングで介助に入れるようになり、ベッドサイドにおける転倒転落が減った。
④アセスメント力向上:離床CATCH設定フローを使って機能選択の理由を説明できるようになるなど、看護師同士の活発なディスカッションにつながり、アセスメント力が向上した。
⑤インシデント/アクシデント分析に活用:転倒転落が発生した場合の分析も、離床CATCH設定フローを基にして振り返りがしやすくなった。

▶︎事例—新東京病院

離床CATCHの使用を推奨する病棟はありますか?

離床CATCHは転倒転落リスクのある全ての診療科/病棟に有効です。特に優先して活用したい診療科としては、「運動障害、感覚障害に伴って転倒しやすい脳神経外科・神経内科」「病状の回復/リハビリの効果に伴ってADL変化が起こりやすい回復期リハ」など転倒リスクが高い患者さんが多い病棟、「転倒転落した場合のリスク(出血等)が大きい血液内科」、「拘束を避けQOLを考慮したい緩和ケア」などで積極的に活用いただくと良いのではないでしょうか。

離床CATCHについて、より実践的な活用方法があれば教えてください。

離床CATCHを使用されている施設で、下記のような活用事例があります。
①検査での鎮静後の患者さんには「起上り(0秒)」設定をルール化するなど、症状や治療ベースでセンサーを設定している。
②ラインが多い患者さんには「起上り」設定とすることで、患者さんが動いたときにすぐに検知でき、ライン整理に活用している。
③急患などで患者さんの身体状況がすぐに把握できない場合は、暫定的に離床CATCHの設定を「起上り」設定とすることでリスクに備え、患者さんの状況がある程度わかってきたタイミングで設定を見直している。

離床CATCHを導入して、ナースコール数がとても多くなりました。何か対応方法はありますか?

【離床CATCHの設定による対応方法例】
●体重設定が適切かどうか確認してみてください。患者さんの体重より軽い設定にしていると感度が高くなり、鳴り過ぎることがあります。
●起上り0~1秒に設定している場合は、起上り3秒にするなど、検知タイミングを緩くしてみてください。寝返りする際に肩が浮いて起上りで検知する場合でも、3秒設定にすることで鳴り過ぎを抑えることもできます。

【使用/運用面での対応方法例(他施設での事例)】
●どういう状況で鳴っていたのか、トイレ誘導することで減らせるのではないかなど、検知増加の原因を分析し、カンファレンスで対応方法を検討することで鳴り過ぎを抑えることが可能です。
●例えば、1病棟(45床)中、稼働台数を10台以内と決めて運用することで鳴り過ぎを抑えることなどができます。

一方で、離床CATCHによるコール回数が多いということは事故に至るサイン・予兆であるという考え方もできます。安易に鳴り過ぎを抑えることを考えるのではなく、ステーションに近い部屋へ移動させたり、観察強化などが必要ではないか、という視点からの対応も併せて検討してみましょう。

離床CATCHを使用していますが、毎年スタッフの入れ替わりもあり使用方法の理解が徹底されません。使用方法が周知され、院内に離床CATCHを浸透させるにはどうしたら良いでしょうか?

離床CATCHを効果的に活用するためには、機器を正しく使えるようになることが必須です。年度始めには院内で使い方説明会を開催するなど定期的な教育を行いましょう。パラマウントベッドによる説明会や使い方動画の配布も可能ですので、営業担当者にご相談ください。
また、各病棟に機器担当者(主任など)をおいて、困ったときには担当者に相談できる体制を整えておくと、離床CATCHをより効果的に運用することができます。
更に離床CATCHを効果的に活用するには、どのような患者さんにどんな時に使用するのかという判断基準を手順化しておくと良いと思います。多職種で連携し、機器を正しくスムースに使える体制づくりを行うことも重要です。

▶︎離床CATCH 使い方動画(パラマウントベッド(株)ホームページ)
▶︎使用サポート
▶︎運用サポート

基本となる離床CATCHの設定基準がないため、看護師個々の判断で設定しており、効果的な設定ではないことがあります。どのようにしたら良いでしょうか?

下記リンク先のページを参考に、「離床CATCH設定フロー」を作成されることをお勧めします。どう作成したら良いか分からない場合には、参考例をダウンロードし、まずはそのまま使用してみても結構です。使用していく中で、自院と判断基準が異なるなど、相違点に気が付いたら、その点は自院に合わせてカスタマイズしていけば良いのです。どのような患者さんにどの機能を使うのかといった設定フローを作成することは、熟練看護師から新人看護師に至るまで、個々による設定のバラツキをなくすことができます。患者さんに合わせて適切な設定が行えることになりますので、是非、作成してみて下さい。

▶︎運用サポート

離床CATCHを解除する判断フローはありますか?全床に導入されておらず、一部の患者さんのみで使用しているため、解除するための判断基準を知りたいです。

下記リンク先のページにある「離床CATCH設定フロー」を参考に、その内容を逆に解釈し、離床CATCH設定の条件に当てはまらなければ「解除可能である」と判断ができるかと思います。

▶︎運用サポート

その他に関するQ&A

コロナ患者さんの転倒転落防止対策は何かありますか?

コロナ患者さんへの訪室は感染対策及び業務負担軽減の上で極力控えたい一方で、転倒転落リスクがある場合は頻回な観察・訪室が必要とも考えられます。できる限り訪室回数を抑えながら、転倒転落のおそれがある際にタイムリーに介助に入るためには、離床センサーや見守りセンサーの導入が効果的です。センサーにカメラ機能があると映像で患者状況を確認できるため、不要な訪室を更に減らすことができます。非接触のセンサーを使えば拘束感を少なくすることができるので、せん妄・不穏の発生リスク低減につながることも期待できます。

▶︎お客様の声「コロナ病棟での感染リスクを低減 非接触センサーにより患者の状態を把握」
▶︎離床CATCH(パラマウントベッド(株)ホームページ)
▶︎眠りSCAN(パラマウントベッド(株)ホームページ)
▶︎眠りSCAN eye(パラマナビ)

せん妄が発症した場合の具体的な転倒転落対策について教えてください。

せん妄には「過活動型」「低活動型」「混合型」の3分類があります。この中でも特に過活動型は、興奮したり幻想や妄想の出現などがあり、転倒転落の危険性は高くなります。せん妄が発症してしまった場合、その要因を改善または除去するなどして早期に和らげることが大切ですが、それと同時に環境整備も重要となります。ベッド上に立ちあがってしまったり、臥床状態から転落する可能性もあるため、低床ベッドを使用し、最低床高に設定の上、覚醒あるいは起き上がったときなど早いタイミングで検知できる離床センサーを使用しましょう。高齢の術後患者さんなどせん妄リスクの高い方は予めステーション近くの居室にして、術後決まった日数(特に夜間)は離床センサーを必ず設置することをルール化するなどしてはいかがでしょうか。身体を紐で縛るなどの身体拘束はせん妄を助長することがあるため、体につけないタイプの離床センサー(ベッド内蔵型など)がおススメです。

▶︎低床ベッド(パラマウントベッド(株)ホームページ)
▶︎離床CATCH(パラマウントベッド(株)ホームページ)

転倒転落のうち、睡眠薬を投与されていた事例はどのくらいを占めるのでしょうか?

札幌医科大学附属病院における調査(2012年7月~2015年3月)では、転倒転落944件のうち、睡眠薬を投与されていた事例が511例(54%)との報告があります。

▶︎札幌医科大学附属病院における調査結果石郷友之. 薬剤の転倒・転落への影響~睡眠薬を中心に~. 日本転倒予防学会誌. 2018. Vol.5(1). p.27-31.)

離床CATCHは全国の病院でどれ位使用されているのでしょうか?

離床CATCHは全国の病院で約24万台(中継ユニットは約8万台)が導入され、使用されています(2020年9月末時点)。

転倒転落防止のために医療安全対策室が把握しておかなければならないデータとして、どのようなものがありますか?

医療安全対策室ですので、事故の発生事実としての転倒転落発生率(病棟等各部署毎と院内全体)が一番重要です。また、転倒転落の実態(これは詳細に5W1Hで、どういう対策を講じていたのか/講じていなかったのかまで)を把握しておくことは、原因特定など事故の振り返りや、改善策を検討していく上でとても大切な情報となります。その他としては、入院患者さんの年齢層、認知症加算をとっている患者さん数などが挙げられるかと思います。看護部と医療安全対策室とが連携してデータを共有できることが、転倒転落対策では重要です。

せん妄患者さんの転倒転落予防について教えて下さい。

せん妄状態になる患者さんは、ほぼすべての方に転倒転落のリスクがあると認識しなければなりません。せん妄状態の特徴について理解しておくことが必要になります。しかし、それ以前に何よりも、せん妄状態を引き起こさないようにケアすることが最も重要です。診療報酬でせん妄に対する診療加算がつきましたが、病院にとって重要なことは、全入院患者さんの転倒転落を予防することです。せん妄患者さんに絞ってリスクアセスメントを実施するなど、全入院患者さんの転倒転落を予防するという観点が損なわれてはいけないと思います。

特性要因図のつくり方を含め、分析方法について教えていただけないでしょうか?

分析方法として、患者さんを中心に据えて考えるP-mSHELL分析などがありますが、特定の事象(問題)に対し要因を分析するには特性要因図が適しています。特性要因図の作り方を簡単に説明すると、まずは事象(問題)に対して考えられる要因を洗い出します。次にそれらの要因をカテゴリー分けし、各要因の因果関係を整理しながら根本的な要因を明らかにしていきます。なお詳細な作り方については、下記リンク先のページ(「転倒転落の個別要因分析」)や「活動レポートVol.2」に記載がありますので参照してみて下さい。

▶︎転倒転落の個別要因分析
▶︎活動レポート