活動報告

活動報告レポートVol.2発刊

  • 転倒転落を減らす。RoomT2の願いです

    この度、RoomT2活動レポートVol.2として、RoomT2の考える転倒転落対策や、実際に取り組みをしている病院の活動事例をまとめた冊子を作りました。

     

    冊子では、「特性要因図を使った転倒転落の分析の仕方」や、離床CATCH付ベッド、スマートベッドシステムTMを導入した病院の取り組み事例、転倒転落対策製品のご紹介などを行っています。

    冊子をご希望の方は、RoomT2事務局へメール(room_t2@ellesnet.co.jp)か、パラマウントベッド営業担当者まで、お申込みください。


    ■目次
    ・ごあいさつ
    ・[転倒転落研究会RoomT2鼎談]いま、私たちが目指す良質な療養環境
    ・[個別案件の原因を見つけ出すツール]「特性要因図」の作り方
    ・Case Study
     01 離床CATCH付ベッド導入事例 -新東京病院
     02 スマートベッドシステムTM導入事例 -佐久総合病院
    ・転倒転落対策の考え方
    ・転倒転落対策の進め方  -実際に現場で活用されているフローやアセスメントシートのご紹介
    ・離床CATCHの概要
    ・スマートベッドシステムTMの概要
    ・転倒転落対策製品

■内容一部抜粋